各種設定 » ○Linux

ID #1034

Fedora11のインストール

ネットワークインストールする場合、内蔵の有線NICが認識しないので外付けUSBのNICなど利用する必要があります。

ネットワークインストールするのにメディアからでなくUSBを使いたい場合のUSBメモリの作り方。

USBメモリに Fedora-11-i386-netinst.iso の中身を全てコピーします。
名前の変更
フォルダ名
isolinux ---> syslinix

ファイル名(改名したsyslinux内のファイル)
isolinux.bin ---> syslinux.bin
isolinux.cfg ---> syslinux.cfg

ファイル名変更したら
あらかじめ入手しておいたsyslinuxで
Windowsの場合(USBメモリがG:\として)
C:\syslinux>syslinux -ma G:

Linuxの場合(USBメモリが /dev/sdc1 として)
# syslinux -s /dev/sdc1
#fdisk /dev/sdc
ここで a を打ってアクティブにしてやる。
次に w で書き込み。

これでUSBメモリの出来上がり。
----------------------------
インストーラから起動して途中ネットワークを選択しURLに
ftp://ftp.riken.jp/Linux/fedora/releases/11/Fedora/i386/os
http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/releases/11/Fedora/i386/os
のどちらかを指定してあげる。
後はインストールするパッケージ選択でUpdateを選んでおけば、インストール後のアップデートは必要なくなる。
(無線を使う場合はここで開発環境を入れておきましよう。)


-----------------------------------------

インストールが終わって内蔵のNICは認識してくれるが、無線NICは認識してくれない。
以下手順で動作します。

まずrpmfusionリポジトリを入れる。

# su -

# rpm -Uvh http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-stable.noarch.rpm http://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/rpmfusion-nonfree-release-stable.noarch.rpm

# yum update

# yum install broadcom-wl

すると下記のパッケージが入ってくる。
Installing:
 broadcom-wl      noarch    5.10.79.10-2.fc11        rpmfusion-nonfree     10 k
Installing for dependencies:
 akmod-wl         i686      5.10.79.10-2.fc11.9      rpmfusion-nonfree    1.3 M
 akmods           noarch    0.3.6-2.fc11             rpmfusion-free        16 k
 fakeroot         i586      1.12.2-21.fc11           fedora                77 k
 fakeroot-libs    i586      1.12.2-21.fc11           fedora                72 k
 kmodtool         noarch    1-18.fc11                rpmfusion-free        13 k
 rpmdevtools      noarch    7.1-1.fc11               fedora                80 k

インストールが終わって再起動すれば認識しているので、右上のNetworkManagerのアイコンから無線の設定を入れてやればいい。

このエントリのカテゴリ


タグ: -

関連エントリ: -

このレコードを印刷する
このエントリを評価してください:

評価点数: 0 - 5 (0 個の投票 )

完全に役に立たない 1 2 3 4 5 最も価値がある