Linux

ID #1019

ubuntuのインストールUSBを作る


UNetbootin を利用するのが簡単でよいでしょう。
Windows版とLinux版が用意されています。

まず後々のためにも一度付属のインストールディスクのISOイメージを作っておくとよいでしょう。

DVDドライブが/dev/scd0で、DATAという名称のusbメモリを/media/DATAにマウントされた場合。
(わからない場合dmesgで確認しましょう)

USBメモリのマウント確認
$ mount
これで一番下に出ていると思います。

DVDの生データをそのままUSB上に保存します。
(容量が1.2GB程度ありますので余裕のあるUSBメモリを使ってください)

$ cat /dev/scd0 > /media/DATA/dellubuntu.iso

これでisoイメージ dellubuntu.iso がUSBに保存されます。

これを利用してUNetbootin で作りましょう。


マニュアルで作る方法
先のUSBメモリ(/dev/sdb)はそのまま挿してある状態で、
さらに作成するUSBメモリ(仮にDISKという名称/dev/sdc)を挿します。

一度右クリックしてアンマウントします。

作成するUSBメモリをフォーマットします。
mkfs.vfat /dev/sdc1

一度抜いて挿し直します。

必要なパッケージのインストール
端末を開いて
sudo apt-get install syslinux mtools

ISOをマウントするディレクトリ作成(仮にubuntuisoという名称とします)
mkdir ubuntuiso

ISOのマウント
sudo mount -o loop /media/DATA/dellubuntu.iso ubuntuiso/

データのコピー
cp -rp ubuntuiso/* /media/DISK/

コピーが終わったらISOのループマウント解除します。
sudo umount ubuntuiso

(実は他のマシンでDVDの中身を丸ごとコピーしてやれば、
必要なパッケージのインストール以外のこれまでの手順はいらないです。
ただしデバイスの認識が変わってくるはずですので読み替えてください)

USBメモリの中の isolinux.cfg ファイルを syslinux.cfg に名前を変更します。

ブートローダsyslinuxを書き込みます。
sudo syslinux -s /dev/sdc1

これで出来上がりですのでUSBから起動すればubuntuのインストールができます
 



タグ: -

関連エントリ: -

このレコードを印刷する
このエントリを評価してください:

評価点数: 0 - 5 (0 個の投票 )

完全に役に立たない 1 2 3 4 5 最も価値がある